ぼくは麻理のなか

menu

ぼくは麻理のなか | 押見 修造の漫画の感想

押見 修造の漫画【ぼくは麻理のなか】を読んだ感想をまとめたサイトです。

ぼくは麻理のなか | クズ大学生がクラスの人気美少女の麻理として生活する漫画

ぼくは麻理のなかは
▼すぐ読むにはこちらから▼
Handyコミック【ぼくは麻理のなか】一般※スマホ専用


ぼくの麻理のなかは、漫画アクションで連載中の押見 修造の漫画です。

アダルトな表現はありませんが、女子高生の日常を覗き見ているような不思議な感覚になる漫画だと思います。


詳細

【漫画名】ぼくは麻理のなか
【作者】押見 修造
【レーベル】アクションコミックス


【ぼくは麻理のなか】の感想

【ぼくは麻理のなか】を読んで気持ちが悪くなった人がかなりいるのではないでしょうか?

憧れを持っていた女子校生の麻理に実際になってみると女性特有の生理現象だったり、友人付き合いだったり、面倒がことがたくさん。

面倒な人付き合いを避けて生きてきた主人公にとっては、きついことばかり。

結局元の自分に戻りたくて、麻理を探しにでかけてしまいます。

ヒロインの麻理は、非常に魅力的に描かれています。入れ替わりの瞬間にニヤっとわらった麻理の真意が掴みかけてわからない・・・

謎が謎を読んでぐぃぐぃと引きこまれていきました。

現在3巻まで出ています。
はやく4巻が読みたいですね。

【ぼくは麻理のなか】の口コミ


評価:★★★★★

惡の華が面白くて、押見 修造さんの最新作の【ぼくは麻理のなか】を購入しました。読んでみるとすぐ独特な世界観に引き込まれてしまいました。ヒロインの麻理がとても清楚で美しいのが印象的です。

本当の麻理自身は少ししかでていなくて、彼女自身がしゃべるところを早く見てみたいと思いました。4巻が待ち遠しいです。


評価:★★★★★
憧れの女の子に入れ替わってキョドっている主人公が妙におかしい。

アレだけ好きで憧れていたのに、いざその体を手に入れるもどうしていいのかとまどってばかり。中身は冴えない大学生の男なので流行に敏感な女子高生の話題や独特の週間についていたけなくてふうふういいながらついていっているのが、気の毒な感じがしました。

麻理ちゃんが清楚系なのでモロ好みです。


評価:★★★★

この作品で気になったのは麻理の神秘性。処女性を持った人物像で、大変美しく描かれています。でもその彼女の裏の顔がすこしずつわかってきて、意外な驚きを感じました。

皆表面だけみていると、思い込んでしまうという作者からのメッセージを強く受け取りました。早く続きが読みたいです。


評価:★★★★★
この先どうなってしまうのか・・・・?

1巻を読んだだけでは、まったく先の展開が読めません。もう先が気になってついつい購入してしまいました。よくあるイベントなどあるのですが、なんか主人公が切り抜けるので妙に手に汗を握ったりします。

早く主人公に成長してほしいです。



評価:★★★★★

女子高生・吉崎麻理に自分もなってみたいと思いました。美人になって女子高生の生活を満喫してみたいです。あんな事やこんな事も麻理の体をつかってできたら最高でしょうね。

でも・・・ずっとこのままだったら嫌かな?

やはり今の自分に戻りたくなるのは主人公の功と同じだと思いました。


【ぼくは麻理のなか】がスマホで読める

押見 修造の惡の華は、この漫画がすごいで有名になったことは記憶にあたらしいです。その押見 修造の【ぼくは麻理のなか】が早くも電子コミック化され、スマホで読めるようになりました。

読めるのはHandyコミック。私も毎日利用している電子コミックサイトです。少年誌から美少女系の漫画まで読める電子コミックサイトなのでかなり重宝しています。待ち時間などはいつも漫画読んでいます。

費用はかなり安くて月額300円(税抜)から。スマホを持っているなら一つ電子コミックサイトの会員になっておくといいです。特にエッチな漫画も普通に購入して読むことができます。購入した履歴は、明細などには出ないので家族バレしないので、安心です。

私が読んでいる漫画が家族に知られたら、家にいられなくなるかも・・・汗。

ともかく【ぼくは麻理のなか】は、無料で試し読みができるのでまだの方は、読んでみてください。きっとおもしろさに引き込まれますよ。



▼無料試し読みはこちらから▼
Handyコミック【ぼくは麻理のなか】一般※スマホ専用



ぼくは麻理のなか関連記事